楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

時間をかけて移動をする楽しみ方ー在来線、高速バスなどを使って日本を味わおう!!ー

私は乗り鉄、乗りバスをすることが好きです。

趣味がバンドの追っかけなので、全国各地へ遠征をすることがあります。

バンドの物販などにお金をかけたいため、移動手段を節約することが多く、在来線や高速バスを利用しているうちに乗り物が好きになりました。

電車やバスの魅力は、景色をじっくり味わえることだと思います。

飛行機や新幹線ですと、一瞬で過ぎ去ってしまいますが、在来線の各駅停車などに乗ると移動がゆっくりなので知らない土地の景色を存分に楽しめることがメリットです。

ここでは「楽しかった旅の移動手段」をご紹介します。

まず、名古屋から神戸までJR在来線を利用した旅です。

神戸でライブがあったので、乗り継ぎ駅の名古屋からJRの在来線を利用しました。

名古屋駅の金券ショップで安い切符を手に入れたので、500円程安く移動することが出来ました。

途中、大垣駅と米原駅で乗り換えをしました。大垣駅では20分ほど待ち時間があり面倒でした。

米原から三宮までは直通です。滋賀県内の景色を存分に楽しめました。普段滋賀県には縁がないのですが、田舎の風景からだんだん都会に近づいていき、京都と大阪に入るとビルが多くなります。JR西日本の車両の良いところは、進行方向に座席が向いていることです。速度の遅い新幹線のようでした。

名古屋から神戸までは、近鉄特急で大阪難波まで行き、そこから地下鉄やJRで移動する方法もありますが、在来線を使うとより安く移動が出来るので今後もこの方法を利用したいです。

次に、秋田まで新幹線を使わずに行く旅のご紹介です。

最寄駅から秋田まで行くのには新幹線を使った方が便利なのですが、お金が結構かかってしまいます。

どうせなら時間があるので節約して在来線で行くことを決めました。

まず新潟駅まで向かいます。乗り換えは二回ありましたが、時間の関係で1時間ほど待ち時間がありました。

上越妙高から新潟までは約2時間の旅です。お尻が痛くなりながらも、日本海の壮大な海の景色は今でも覚えています。

新潟から秋田までは特急いなほを使いました。

乗り心地は普通の特急と一緒です。

ただ、同じような景色が続くのであまり面白みがありませんでした。

日本海と庄内平野の印象が強いです。

眠くなりながらも、秋田県内に入った時には非常に感動しました。

在来線だけでここまでこれたことが嬉しかったです。

時間をかけて移動をした分、この経験は一生忘れないと思います。

在来線や高速バスの旅はとても楽しいので、ぜひ一度行ってみてください。