楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

某外郭団体で働いてみました|今どきパワハラ・マタハラが横行し辞めてしまう人が後をたちません。

無職だった私が派遣社員として配属された所は、県の外郭団体でした。建設系でしたので、初めて聞く用語や膨大な書類を必死に覚えようと必死でした。3ヶ月が経っても私への呼び名は「派遣の子」。「プロパー(正規職員)」だから、「専門」だから(契約社員みたいなもの)とまずは名前ではなく職員かどうかが大事な会社でした。職員へのお茶出し、電話を受ける、ゴミ捨てなど雑務は職員の仕事ではないそうです。

そして一番嫌いなのは、40代職員のパワハラが横行し毎年ターゲットにされた人が辞めたり異動になったりすることです。パワハラの内容は隣の席で一日中愚痴を言ったり、仕事は見て覚えるものと一切教えて無いのに出来なければ罵倒しています。前任者が辞めているので昨年の業務について聞けないのは分かっているのに、昨年はこうだったのに!と理不尽な怒りをぶつけています。明日までの期限の書類作成で残業をすれば、生活費の為に残業をしているから残業代の計上は出来ないと言われていました。

歴代のターゲットの中には妊婦だった人も含まれていて、その人が居ないときに「このクソ忙しい時に妊娠してんじゃねーよ」「マジで妊婦は使えない」「異動させろ」と事務所内で文句を言う始末です。完全なマタハラがまかり通っています。つわりで早退した時は「もう来なくていい」と言い放っていました。でもこれが一人じゃないんです。それに同調する職員がいるわけで、自分達にも子供がいるのになぜそんなことができるのか不思議なくらいです。

毎年飽きもせず誰かを辞めさせ、その後は無かったことになります。業務上、前任者の名前などが出でくるのですが、頑なに名前を出しません。こちらがちゃんと名前で伝えても、アイツとかオバサンとか妊婦と呼びます。自分達をどの位置に置いているのかわかりませんが取引先にも横柄で、出張に同行させられた時も(ターゲットと一緒に行きたくない為に派遣の私を同行。もちろん派遣の契約内容には記載されてないので、派遣会社には内緒にするように言われました)ヨレヨレで後ろからシャツが出ている、寝癖で無精髭の身なりの人と一緒に歩くのが苦痛でした。しかも、取引先に行くのに相手先に失礼だとは感じない無神経さがとても嫌いです。毎年同じ所から同じ仕事が契約されるので、営業など一切しなくてもいいそうです。口では、「公務員と同じだから給料は安い」「民間企業より、自分達の業務は大変だ」と言っていますが、全く大変な所は見えません。年功序列で、県からの出向にはゴマをすり、パワハラで何人も辞めさせても処分されないし、自分達が良ければいいという認識だと思います。

私は怒られた事すらありません。なぜなら派遣だからです。正規の職員ではないので、かやの外なのです。もしくは、派遣会社など外に漏れるからなのか派遣に対しては声のトーンまで変わります。それでも毎日誰かを罵倒する声を聞きながら仕事をし、ターゲットにならないようにご機嫌を取らなければいけませんでした。その上の上司達は見て見ぬふり、一緒に文句を言う人もいました。「社会人なのに、急に辞めるとか理解出来ない」と話していましたが、そこまで追い詰めたのはあなた達ですよと言ってやりたかったです。派遣更新の為に役員面接がありましたが、「なんで辞めたと思う?」と聞かれる始末でした。契約時間で先に帰った後は、自分も何か言われているんじゃないかと怖かったです。

結局、更新せず契約満了で離れることが出来ましたが、次回派遣される方の為にオススメ出来ない旨を派遣会社に報告しました。契約期間が決まっていなければ、私もまだあの中にいると思うとゾッとします。