楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

初めて働き始めた職場は、嫌な人ばかりでした。卒業して初めて社会に出たので、それが普通だと思ってた。

大学を卒業して初めて働いた職場は、上司はとても性格の悪い人ばかりでした。きっと私はその上司達から好かれていなかったのでしょう。何をするにも否定的でした。他の人が同じ事をしても怒られない、でも私がしたら怒られたり、責められたりする。それがとても多い職場でした。そして周りの人たちも、それを見ても見て見ぬふり、上司の前じゃないところで失敗をすると、それをいちいち上司に報告するという、なんとも性格の悪い人がいっぱいいました。上司は、人によって態度を変えるという最低な人で、またそんな上司に気に入られようと必死になっている人ばかりでした。そんな人たちに嫌気がさし、何をするにも楽しくない職場でした。好きで選んだ仕事も、このままでは嫌いな仕事になってしまうのではないか…そこまで思い詰めたものです。

頑張りを何一つ認めて誉めようとしない上司、頑張りを認めるどころか悪いところばかりを探しだす最低な人ばかりでした。

自分の思い通りにならなかったら、不機嫌な雰囲気を全面に出しながら怒る、しかし、何が悪いかを言わないので、どうすればいいのか全くわかりませんでした。私がするからダメ、でも自分のお気に入りの人がするも許せる、そしてそのお気に入りの人たちも、気に入られてる事をわかってるから、更に気に入ってもらえるように、上司が嫌っている私の事を悪く言う、最低な人ばかりでした。

そんな最低な人ばかりの職場は、このまま働いていても、自分の頑張りは認めてもらえない、周りの顔色ばかりを伺ってばかり過ごしていかなければならないのだと思い、思いきって辞めることを決めました。私は、そういった職場の最悪な環境から、ストレスで体の調子が悪くなりました。しかし、私がそんな状況になっていても全く気にせず、堂々と悪口言われたり、相変わらずの上司の態度でした。こんなことを思ってはダメだと思いながらも、いつか悪いことが起きてくれればいいのに…と思っていました。

上司を始め、明らかに人によって態度を変える人が多く、そんな人たちが大嫌いでした。誰にでも平等に接することができない、みんなを平等に評価することのできない、そんな人たちはこれから先も変わるはずがない、そんな人たちは、いつか私の周りからそんな風にされて嫌な思いをすればいいのに…と、そんな考え方を持つようになってしまいました。できるだけ、そんな人の不幸を願うようなことはしないと思いながらも、そう思わざるを得ませんでした。

そんな自分がとても嫌になりました。

人によって態度を変える、私にとって、それが一番嫌なことでした。頑張ったことは認めない、失敗したことをいつまでもいい続ける、心の狭い人がするようなことだなと思いました。

それをすることが、人をどれだけ傷つけているのか、人の気持ちを全く理解できていない人なのだろうなと思いました。そんな上司からは何も教わることはないし、そんな上司から教わったとしても間違えた事ばかりを教わっているような気がしました。

結局今はその職場からは離れましたが、離れた途端に体の調子がとても良くなり、気持ちがスッキリしました。

その後、違う職場へと転職したのですが、そんな性格の悪い人たちはいないし、頑張ったことはどんな人だろうとしっかり認めて、失敗したら、今後そのような失敗が起きないよう励ましていく人たちばかりでした。

嫌な上司の所でも働いていたからこそ、そういった人たちの優しさがとても嬉しく、その職場では、それが当たり前の事だったようですが、そんな人たちの所で働くことができた事がとても嬉しかったです。大人になってからも人が嫌がることをすればイジメだろうなと思います。