楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

人生初のファンシーラット飼育!日本ではまだまだ情報量が少なく試行錯誤してたどり着いた飼育方法をご紹介します!

海外では一般的とされるファンシーラットの飼育ですが、まだまだ日本では認知度が低い模様です。

それもそのはず、ファンシーラットといえば聞こえはいいですが、和名でいうなら『ドブネズミ』と同種なんです!

ドブネズミといいつつも、彼らは清潔な環境で飼育すれば全く汚くもなく、ペット用なので毛色もホワイト、ベージュ、グレー、ブラックと様々です。

私の周りの人にはドブネズミの茶色は苦手だけどこの色なら平気、可愛い、とまで言わせてしまうほど愛嬌のある動物なんです。

日本人は長い尻尾が苦手だという方も多いかと思いますが、最近では大手のペットショップでよく見かけるようになってきました。

ラット飼いとしては少しずつ認知度が上がっているようで嬉しく思います。

実はこのラット、実験動物などで使用される動物でもありますが、ものすごく頭がよく芸を教えることもでき、個体によっては犬並みになつくといわれています。

賢いため人を噛むことはまず滅多にしませんし、単独で飼育しなくてはならないジャンガリアンハムスターなどと違い、集団行動もできますので1つのケージで複数飼育が可能なんです。

我が家でも3匹一緒のケージにいれています。ただ、喧嘩をすると殺し合いなので血が出るほどの喧嘩の場合、ケージを分ける必要があります。

金銭的余裕があまりなく、ケージを買い足すことになっても困るなぁという方は1匹での飼育をオススメします。

ハムスターなどの極小動物と比較すると名前を覚えさせることもでき、呼べば駆け寄ってくる犬のような1面もみられます。

犬が飼いたいけど苦手な家族がいるという方や、一人暮らしであまり面倒が見られないし…という方にもオススメのペットです。

さて、ラット飼いといいつつも私自身ラットの飼育は2年前が初めてでした。

それまではハムスターなど日本でも認知度が高いペットばかりを飼育してきましたが、SNSなどでラットをみているうちに欲しいなぁ…なんて思うようになったんです。

いつもハムスター用品で利用しているペットショップに、突然現れたラットを見つけた時は奇跡だと思いました。

ペットショップでは『ファンシーラット』『ハスキーラット』などの名前で売買されていますが、見かけたことがある方もいるのではないでしょうか?

即日飼育を決定したものの、やはりまだまだ認知度の低い動物…。ケージのサイズは?ご飯は何を食べる?食べさせてはいけないものは?

沢山の疑問が浮かびました。海外のホームページなどで英語から日本語訳して飼育方法を知ろうと頑張るラット飼いさんもいるほど情報量が少ないんですね…。

今回はそんなラット飼育初心者の方向けにラットを飼育する上で必要最低限の知識を紹介していきます。

①寿命はハムスターと同じくらいで2~3年

からだはハムスターより大きいものの、寿命は同じくらいでとっても短いです。

②飼育するケージは小さすぎず広すぎずがベスト!

残念ながらペットショップにはラット用のケージはありません。なので、うさぎ用やフェレット用、少し大きめのハムスター用のケージを使用します。

猫用を試したこともありましたが、子供のラットですと大体生後半年から性成熟がされる1年までは簡単に鉄格子から抜け出すことが出来てしまう個体がいます。

ラットのからだは思ったよりも柔らかく、肋骨を折りたためる形状をしているため、もう抜けないだろ…と思っていてもスルリと抜け出してしまいますので、猫用のケージはやめましょう。

ラット飼いさんの中には衣装ケースなどを使用される方もいますが、衣装ケースを使うのであれば蓋として使える網類のものが必要になります。

ラットはジャンプ力が非常にあり、大人になると人間の膝より少し上くらいまでは平然と飛び越えられてしまいます。網類の天井はしっかり括りつけておきましょう。

③給水器は大きめのものを

ラットはからだが大きいため、給水量も多いです。ハムスター用ケージでの飼育をする場合はハムスター用の給水器ではなく大きめのものを使用してください。

④ご飯は長期飼育用飼料をネットで購入

ペットショップではハムスターと同じご飯を与えていたようですが、ラットのからだには少々脂質や糖質が少なめです。貧血などを起こしてしまわないよう、ハムスター用の飼料は使用しない方が良いです。

ペットショップでは見かけませんが、長期飼育用飼料というものがネットでありますので、MFやLPF、CR-LPなどの飼料を与えることをオススメします。

ご飯の量は体重の10パーセントです。MFであれば大人になっても1日8粒程度で問題ありません。

⑤木材は使用しない方が良い

ラットは呼吸器系の病気になりやすく、カビなどの細菌類は危険です。尿の量も多いですし、オスはマーキングとしてあちこちに尿を付着させますので、カビが発生しやすい木材はあまり使用しない方が良いです。

⑥回し車

回し車は使用する子と使用しない子が極端に分かれます。

遊ぶ子は回し車でせっせと走っていますが、そうでない子は寝床になります。

つけてあげる際にはサイレントホイールの30が良いです。ラットの指は非常に細いため、網目のあるものは足を挟めてしまう危険性があるので避けたほうが良いです。

⑦床材

床材なども木のチップはあまり使用しない方が良いです。アレルギーが出たりしますし、こちらも木の粉などで呼吸器系がやられかねません。

我が家では洗えるペット用カーペットなどを使用しています。

⑧腫瘍ができやすい動物です

ラットはほかの動物と比べると腫瘍ができやすい個体で、歳を取るとその可能性もあがってきます。

良性腫瘍であれば問題ありませんが、悪性腫瘍となると、切除が必要になりますので、飼育と同時にペット用資金を貯金していくことをオススメします。

最後に、短い寿命ですので、最後までしっかりと面倒をみて、幸せな最後を迎えられるようにしてあげましょう。