楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

10年以上馬券で負け続けている私が気づいた馬券の真理と改善後の馬券購入術をご紹介

競馬は日本で最も人気のある公営ギャンブルです。

馬券を買う様になったのは、成人してからですが、競馬自体には小さい頃から親しんでおり、自然とファンになっていました。

徐々に歳を取るにつれて、より、馬券への熱が高くなっている今日この頃です。

そんな私のおすすめ馬券術が本命ガチガチの馬券を買わないというスタイルです。

10年以上、馬券を買い続け、そして、負け続けた、私の経験上の真理と言えます。

本命ガチガチの馬券が来ると言う事は配当も自ずと安くなると言う事です。どんなに上手なプロの予想家であっても、的中率は良いところで30パーセント前後でしょう。仮に30パーセントだったとしても、本命ガチガチの馬券だけを買っていたら、回収率は酷い事になります。

また、機械的に感情を介さずに買い続ける事が出来れば、良いですが、人間は感情のある生き物なので、不的中が続くと打算が入ってしまい本命から買っていても、一発逆転を狙い、無謀な相手に流したりしてしまうものです。私自身が元々、本命ガチガチの馬券を中心に買っていたので、身に染みて感じます。

実際、競馬はデータを見ると1番人気の勝率は30パーセント前後しかなく、10回に7回は負けていると言う事になります。1番人気の本命が来る可能性はそこまで高くない上に、当たっても配当が安い本命を買い続けるのはもはや、リスクしか無いと言えるでしょう。

私は10年以上馬券で負け続けて、ようやく気づきました。もちろん、レースを吟味して、確実性の高いレースのみを購入する方や元手が大きい方などは本命ガチガチの馬券でも成果を上げているので、全ての人に当てはまる訳ではありませんが、その様な買い方が出来る人はイレギュラーと言えます。

10年以上馬券で負け続けた私なりの結論としては、中穴を絡めた流し馬券かボックス馬券を買い続ける事が回収率をあげる手法として最適だと考えます。

的中率は本命ガチガチの馬券を中心に買っていた頃と比べると、下がりましたが、回収率は高くなっている状況です。

本命が飛んでくれたりすると配当が跳ね上がるので、万馬券の頻度も高まりました。本命ガチガチの馬券ばかり買っていて、回収率に不満を持っていた方などは私が実践している中穴からの流し馬券やボックス馬券術を取り入れて見ると良いでしょう。

また、これは私自身も反省すべき点ですが、朝から晩まで買い続けるのではなく、購入するレースはなるべく吟味する様にしましょう。