楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

勝つためには勉強も大事!しかし運も大事!そんな運をみなさん掴みとろう!買い方次第!

競馬で重要なのは過去のデータであり、血統・適正・厩舎・馬主など様々な要素を組み合わせて正解を導き出すところが面白いというのはある。

でも、時に超理論的なオカルトで馬券を買って当たるということも時として存在する。

有馬記念は、中央競馬における1年の総決算ということもあり、その年の世相を反映したサイン予想がスポーツ誌を賑わせる。レース翌日のスポーツ誌でも、勝ち馬と世相を結びつける記事が掲載されることがあり以下のような例がある[1]。

アメリカ同時多発テロ事件が発生した2001年、秋開催唯一のクラシック第62回菊花賞では、逃げるマイネルデスポットをマンハッタンカフェがとらえ勝利。さらに、有馬記念ではマンハッタンカフェとアメリカンボスの1・2フィニッシュとなった。3頭ともテロ絡み(独裁者・ニューヨーク・大統領)のサイン理論の典型的な予想および的中例ではあるが、多数の被害者が出た事件でもあり不謹慎とされかねないことから、結果や成果に言及した者は少なかった。

2008年は、1着こそ単勝1番人気のダイワスカーレットだったが、2着は14頭中14番人気と最低人気だったアドマイヤモナークが入った。この年、8月8日に北京五輪が開催されたことから連動して枠番連勝の8-8が売れ、枠番連勝8-8の配当が18,640円だったのに対し馬番連勝の13-14の配当が29,490円と大きな差が生じた。

2010年は、表彰式に第69代横綱白鵬翔が登場することがあり、勝ち馬は白つながりであった。1枠(白い帽子)のヴィクトワールピサが勝利し、しかもヴィクトワールピサの母がホワイトウォーターアフェアといった具合で2011年は前々日の投票から東日本大震災に関連して馬番連勝3-11に一部の票が集中したが決着には至らなかった。

2012年は今年の世相を表す漢字として「金」が選ばれたことに関連し有力馬のゴールドシップが(金繋がりで)勝利するという予想や記事が掲載された。実際レースはゴールドシップが勝利した。

2014年は来賓として長嶋茂雄(読売巨人軍終身名誉監督)が中山競馬場に来場したが、優勝したジェンティルドンナと長嶋は、同じ2月20日が誕生日である。

これもオカルト馬券の一つであるが通常枠連でゾロ目は中々売れず馬連で同じ枠の2頭を買うよりも枠連でゾロ目を買ったほうが配当が高い場合が多いため知る人ぞ知る馬券術の一つなのであるが七夕賞だけはゾロ目の枠連が馬連よりも売れてしまって配当が下がる。過去20年調べてみたが七夕賞で枠連7−7は一度もきていない。。。

これもオカルト馬券の一つであるが初心者は誕生日馬券を買って意外と当たることが多い。ただ、私の場合誕生日馬券が来そうな時に買ってみようとしてもだいたい外れる・・・。こういうのは狙いすぎると当たらないものなのかもしれない。

誕生日馬券の他にも似たようなのに車のナンバー馬券や部屋の番号馬券など身近な番号を買うというのもよくあるオカルト馬券。

馬券はちゃんと予想するほうが間違いなく回収率は上がるが時として超理論的な馬券が的中することがある。私の場合は自分の理論に更にもっと根拠がほしい時に無理やりオカルトネタを探して自信度をアップさせるやり方を取っている。

オカルト馬券はこない確率のほうが高いと思うが、楽しんで買うという点に関してはありだとおもうし、当たれば一攫千金の夢もある。チャレンジする価値はあるとおもう。