たのしす

二郎のスープ作りの秘密に迫るはずが一言もラーメンに触れてないブログ

大阪港駅に降り立てば、ぜひとも海遊館へ!ずっと見ていても飽きないエキサイティングなスポットです。

阪府大阪市港区天保山にある水族館「海遊館」は、目の前には大阪港の爽やかな見晴らしのよい景色が広がっていて、家族連れにもデートにもおすすめです。

大阪市の中心でアクセスもとても便利です。まず、大阪メトロ(旧大阪市営地下鉄)の中央線「大阪港駅」より徒歩でおよそ5分という近さ。大阪市バスでは停留所「天保山ハーバービレッジ」を下車してすぐ。南海バスでは停留所「海遊館(天保山)」を下車してすぐと、遠方から来られる方も分かりやすいでしょう。

更に、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンからはキャプテンラインというシャトル船が運行しており、「海遊館西はとば」から下船してすぐに海遊館に来ることができます。このシャトル船自体も観光気分を味わうことができてとても楽しいです。

海遊館と同じ通りには天保山公園、天保山大観覧車、通りの向かい側には大阪文化会館などがあります。最寄りのホテルは「ホテルシーガル・天保山大阪」といって、ここはスタッフの方のサービスもよく、部屋の居心地もバツグンです。

天保山大観覧車は一度は乗られることをおすすめしたいくらい、頂上から見える海のとても広いこと、大阪の街を一望できて気持ちのいいこと。ちなみに運営を行っているのは㈱海遊館です。

このように海遊館まで来ると、本当に楽しく特にお子さんも夢中になって遊べるスポットが多いのですが、海遊館だけでも1日中過ごしても飽きないこと請け合いです。

海遊館の目玉といえば、コマーシャルやテレビのローカル番組でも見かけることの多いジンベエザメを真っ先に挙げます。ジンベエザメとは、テンジクザメ目ジンベエザメ科に属する唯一のサメであり、全長20メートル、体重は20トンに達すると言われています。全ての魚類の中で最大級の大きさを誇ります。黒っぽい体に白く小さな点々模様があるのですが、それが着物の甚平に似ていることからこの名前がつきました。世界中の亜熱帯、熱帯、温帯の沿岸や外洋に広く分布しています。

この巨大なジンベエザメが、大阪の海遊館の巨大な水槽の中を悠々と泳いでいるので不思議な感覚がします。巨大なサメというと怖そうなイメージがありましたが、実際にジンベエザメを見るとそれが変わることでしょう。特に海遊館のジンベエザメは、かわいい感じがします。泳いでいる時のゆったりとした雰囲気や、どことなく愛嬌のある表情にも惹かれます。水槽の中には他にも小さな魚などが泳いでいますが、特に暴れるようなこともなく、大きな口を開けてエサとなるプランクトンを飲み込んでいます。

ジンベエザメ以外にも海遊館にはおすすめしたいスポット、珍しい展示が盛り沢山です。

まずは北極圏エリア。北極は、実際にはなかなか行くことのできない場所ですね。ワモンアザラシという目のクリクリしてとてもかわいいアザラシが、ガラス越しではなく目の前に見ることができます。北極圏を再現しただけあって流氷の大きな氷の塊も展示されています。夏場でも体が冷えるので、上着などを羽織っていくことをおすすめします。

次のエリアはフォークランド諸島。フォークランドとはイギリス領ではありますが、南大西洋上に浮かんでいる小さな島です。南米大陸の国、アルゼンチンに近いくらいです。そこに生息するイワトビペンギンという、黄色い飾り羽のある頭がツンツンとしたペンギンがいます。

だいたい160センチ前後の大人の女性でも、透明の仕切り板が胸の位置くらいなので、とても身近に見ることができて楽しいです。

そしてモルディブ諸島エリア。モルディブ諸島はインド洋の沖に浮かぶ南北に長い小さな島々の集まりで、美しいエメラルド色をした海がダイビング客にも人気です。それが大阪に来られるだけで、実際にモルディブまで訪れたような気分に浸れること間違いなしです。

ここでの見どころは体験型のコーナーです。なんと水槽の中に手を伸ばして、直接エイに触ることができます。これには訪れているお子さんは大喜び。エイは平べったい魚で、穏やかな性質で触られても気にしていないようでした。

そして海遊館の醍醐味、本当に海の中を歩いているような気分になれるトンネル型の水槽、アクアゲートはとても臨場感があります。見上げれば頭の上を魚が泳いでいて、思わずため息がでます。

南米大陸を流れる巨大なアマゾン川、その周辺の広大な熱帯雨林。それも海遊館の中に再現されています。水槽の中を泳ぐカラフルな魚たちは、日本ではあまり見かけなくて珍しいでしょう。

海遊館の営業時間は10:00から20:00と、いつでも気軽に訪れることができるような時間帯です。それだけでなく、毎日17:00になると館内のライトが幻想的なブルー、BGMも昼間とは違ったロマンチックなものに変えられます。ここからは大人のデートの時間といった雰囲気で、粋なサービスだと思いました。海遊館はとにかく見どころが満載、1日中楽しんでもよし、何度リピートしてもよし。老若男女問わずどなたでも、訪れれば必ずよい思い出を作ることができるでしょう。