たのしす

二郎のスープ作りの秘密に迫るはずが一言もラーメンに触れてないブログ

フリルとリボンとそしてなるバラの花について〜美しく装うためのコーディネートを考える日々

1.リボン

リボンについて、様々なコーディネートが考えらる。まず、ボウタイブラウス一枚を上品に着こなす。リボンの大きさや太さについて考える。太めのリボンを華やかに結ぶ。一枚で存在感を放つ耀き、煌めく華が如きその艶やかさ、そんな一枚がオススメです。素材については引き続きとろみブラウスと雑誌で紹介される光沢のある柔らかい素材がいいと思います。個人的にはシルクサテンの美しいブラウスを探しています。悪趣味になりがちですが、上品にまとめたいですね。

細めのボウタイブラウスについては、少年のような中性的なものが良いですね。さらりと着こなしたいですね。飾り気のあまりない上質なブラウスですね。着ていて気持ちいいというのがいいと思います。

気をつけたいのが袖の長さです。袖の付近でリボンを結ぶブラウスも可愛いですね。一枚是非買いたいですね。袖の長さが合わない時はあつらえましょう。あつらえが安い店が見つかるかもしれません。

リボンを背中で結んだり、肩で結んだり、可愛いものを買い集めたいところです。リボンサンダルも子供が履いていた三段リボンのサンダルが一番ですが、大人っぽいものも並べたいですね。

2.フリル

子供服の三段フリルを極める。これがここ数年のテーマでした。あっ!可愛い!と飛びつく服が子供服になり、数年つまらなかったことから、それでは子供服の三段フリルを極めよう!と様々な子供服を着たのでした。ダンスの練習着などから、ジャージやスパッツに三段フリルをつけたことで大人のサイズができました。可愛い!安い!と飛びつくことしきり。裾の処理が甘く目につくと注意されるに至るまでそんなことが生き甲斐でした。自分にピッタリの三段フリルの金銀ボタンコートを手に入れ満足したのでした。

フリルの大胆なブラウスが素敵ですね。袖に大胆なフリルをあしらったものが好みで安い!素敵!と驚くようなブラウスを買い集めたいところです。なかなか見つからなかったピッタリサイズが豊富になったので張り切りたいところです。一枚で着て美しい存在感のある華やかなブラウスがいい!と思います。

3.バラの花

花柄と簡単に語るに落ちないバラの花です。本物カメリアの素晴らしさを語るのは次の機会にしても、奥の深い素敵なものができるのではないでしょうか。バラの花模様のワンピースやバラの花をコサージュ風にサンダルにあしらうなど韓国ファッションとして、美しさを極めています。その種類の豊富であることと、規制が厳しく敵わなかった好きだったものをふんだんにあしらいしかも安い!夢なるものが、韓国ファッションという形で叶っているという話です。見て着て満足ではありますが、やはり買い集めたいですね。好きだったものが形になった!ということそれ自体も嬉しいことですが、いつかそれら好きでできた服を買い集め成功する日が来ると信じているのです。韓国でこそ!というのは、日本で異端として夢が叶わないことから韓国でこそ!好き!を形にして成功したい!と思っているのです。完成していると言われている韓国ファッションですが、まだまだ手にしてないものを探さなければ気がすまない!まだまだ、ころ頑張るのです。