楽しく生きたい

30代都内くたびれたリーマンが日々思うことをつらつら書いていきます

超簡単!洗い物はフライパンだけ!ジッパー付袋でみんな大好き おいしいから揚げを時短で作ろう!

「とりのから揚げ」はみんな大好きな大定番の人気おかずですよね。

でも・・・下味つけて、粉をつけて、そして揚げて・・。考えただけでもめんどうくさい、という方も多いのではないでしょうか?

料理を作る時って、「作るのは良いけど、片づけるのが大変でやる気がなくなる」という方も結構多いですよね。

特に揚げ物となると、下味をつけるボウル、粉をつけるバットなどなど洗い物を増えるばかり・・・。

考えただけでも疲れてしまいますよね。

スーパーの総菜コーナーにも鶏のから揚げはたくさん売っていますが、買ってくるから揚げは割高ですし、できれば作ったものを食べさせたい・・・。

ありますよね、そんなジレンマ。

そんなめんどうくさいから揚げを、ジッパー付袋を使って時短で作るコツです!

まずは、買い物に行って鶏のもも肉を買ってきたら、唐揚げ用に一口大にカットします。

カットした鶏肉をジッパー付袋に入れます。

そしてここで、塩・お酒少々を袋に入れ、袋を軽くもんで鶏肉にちょっとだけ下味をつけます。くさん

(安い時に鶏肉を買ってこれたらここまでの作業をして、冷凍してしまいましょう!)

さらに、にんにくのチューブ・醤油を袋に直接入れて、これもまた鶏肉にもみ込んでしまいましょう。

よくもみ込んだほうが、後から入れる粉類が少なくて済みます!

袋の中の液体がほとんどなくなったら、袋の空気を抜いて冷蔵庫で1~2時間ほど置いておきます。

(急いでいるときは、すぐに次の工程にいっても大丈夫です)

空気を抜いたほうが、味が早く鶏肉に浸み込みます。

片栗粉、または小麦粉を袋に入れます。

(片栗粉はサクッとした食感、小麦粉はしっかりした衣になります。)

ジッパー付袋に粉を入れたら、空気をなるべくたくさん入れて袋を風船状にしてから軽くふって粉を鶏肉にまぶします。

フライパンに油を入れ、170度に温めます。

箸を油に入れて泡が出てきたら準備完了!

鶏肉を揚げていきます。

5~6分、じっくりと揚げていきます。

ジッパー付袋を使うだけで、冷凍保存から味付け、衣付けまで出来てしまいます。

そして、最後は袋を捨てるだけ!

大変な洗い物が全然でないんです!これはかなりの時短ですし、なによりもめんどうくさいという、精神的な苦痛からちょっと開放されますよね。

作る人には手間が減る分お得ですし、食べる人にとっては、短い時間でしっかり味がついたおいしいから揚げがたべられるので、みんなにうれしいですよね。