たのしす

二郎のスープ作りの秘密に迫るはずが一言もラーメンに触れてないブログ

優しく癒してくれる楽曲がたくさんあるバンド・スピッツ、いつ聴いても色褪せない優しいメロディが心に響く

中学生の頃、ドラマ『白線流し』が好きで観ていました。この時の主題歌『空も飛べるはず』を歌っていたのがスピッツでした。

いい曲だなぁと思ったのをきっかけに、スピッツの曲を聴き始めました。どの曲も優しい曲で、とても癒されました。

高校生の時に、彼氏ができました。自分の好きな人だったわけではないのですが「スピッツが好き」というだけで、絶対に悪い人ではないなと思い付き合い始めました。実際にとても優しい人でした。一年くらいで別れましたが、スピッツの曲を聴くとその頃を思い出します。

中学生、高校生の頃が一番音楽をよく聴いていたので、スピッツの曲を聴くと青春時代を思い出します。

携帯を初めて持った時に、着メロをスピッツにしました。個別に設定できるので、グループごとに曲を変えていつでもスピッツの曲を聴けるようにしました。

大学生の頃に、大失恋を経験しました。何もやる気が起きずにいた時、スピッツの曲をずっと聴いていました。傷ついた心にスーッと入ってきて癒してくれるような気がしました。優しいメロディとボーカルの草野マサムネさんの癒される歌声が本当に心に響いたのを今でも覚えています。

今は音楽番組が減ってきたこともあり、テレビで観る機会はほとんどありませんが、高校生の頃などに、時々テレビで見ると、楽曲通りの優しい雰囲気のメンバーだなと思いながら観ていました。

久しぶりにテレビで観た時に、当時と変わらず若々しく草野さんでびっくりしました。でも変わらない姿に何だか安心しました。

最近の音楽は正直、どの曲もあまり個性を感じることが少なくなった気がします。曲が流れてきても“この曲歌ってるの誰だろう?”と思うことが多いです。メロディも声も似ているように感じます。私は最新曲を聴くよりも中高生時代に聴いていた曲を聴く方が落ち着きます。

スピッツの曲は、カラオケでも歌いやすくよく歌っていました。スピッツ好きの友人と二人で行くとスピッツの曲ばかり歌っていたこともありました。男子がスピッツの曲を歌っているだけで、普通の子なのにちょっとキュンとしかけそうになったりもしました。

夫の母もスピッツが好きということで、すぐに親近感が湧きました。私の場合ですが、好きな人が同じだとそれだけで、身近に感じ絶対に良い人だと感じてしまいます。

今は子供も生まれ音楽にも興味を持っているので、私が好きな曲もたくさん聴かせてみたいと思います。スピッツの曲なら、絶対に好きになってくれそうな気がします。