たのしす

二郎のスープ作りの秘密に迫るはずが一言もラーメンに触れてないブログ

便利でダイエットサプリに頼りきりは危険!?運動嫌いでもできる食生活&習慣を変える方歩

近年、ダイエットや健康サプリが人気で売れているようです。余分な糖の吸収を抑える、脂肪を燃焼しやすくするなどダイエットサポートとしてかなり便利で頼れる存在です。

しかし、サプリを服用しなくなり、リバウンドしてしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。できれば、かけるお金を最小限に、普段の食生活や生活習慣で痩せられたら長期的なメリットが大きいのではないでしょうか?

食べ過ぎたら、翌日控える、肉と野菜を一緒に食べる、野菜や海藻などカロリーの低いものから食べ始めるなど、サプリに頼らず、食べ方を変えるダイエット方法があります。いくつか具体的な方法を詳しくみてみましょう。

●食べ過ぎたら、翌日控える

うっかりお菓子を食べすぎたり、会社やイベントの飲み会・食事会などでつい食べすぎてしまうことはありませんか?飲み会の席では、ダイエットよりも楽しく過ごすことを優先しましょう。もし、食べすぎたなと感じたら、翌日の食事メニューをサラダ中心にしたり、炭水化物を少な目にするなど、工夫できます。翌日すぐに調整できなくても、1週間を目安に考えても無理はありません。

●食べ始める順番を変える

油っこい料理、肉料理が好きで、ついつい食べすぎてしまうなと感じる方は、食事の最初の一口を野菜や果物にするなど、脂肪になりにくい食材から食べると効果的です。

●なるべく階段を使う

エスカレーターやエレベーターを使うところを階段を使ってみると運動量を増やすことができ、利用者が多い場所や時間帯では、混雑防止にもなります。

●適度に運動する

通勤で4日に1回は徒歩で通勤するのはいかがでしょうか。通勤手段を100%徒歩に切り替える必要はないので、あくまで、ご自身にあったペースで取り入れてみてください。

また、ジムや集中的にエクササイズをするとバランスのいい体型を目指せます。運動に苦手意識のある方は、楽しめる運動はなにか、という視点でアイデアを考えてみてください。

例えば、エクササイズでいえば、好きな動作や少し苦しい体制を交互に組み合わせるなどといった方法です。

好きなダンスミュージックに合わせて踊ると振り付けやリズムも楽しめます。

ダイエットに効果的な方法をいくつか挙げてみましたが、これらにサプリの服用と併用で取り入れてみると、サプリに依存しすぎず、より安全・安心に健康に配慮できるのではないでしょうか。

また、医師とご相談の上、サプリや食生活を見直すことをおすすめします。